フルウィッグ

 

フルウィッグの洗い方・保管の仕方

フルウィッグを長く使っていると、日ごろ濡れタオルで拭いたりといったケアをしていても汚れが気になってきます。そんな時は洗ってあげましょう。

 

フルウィッグに使われている毛の種類によってシャンプーの仕方も違ってきます。まず人工毛ウィッグは、専用シャンプーを水に溶かし、汚れが浮いてきたら中で押し洗いします。
リンスは必要ありません。その後、タオルに包んで軽くたたき、ある程度水気を落としてから、陰干しします。完全に乾いたら、形を整えて専用のウィッグコンディショナーなどを全体にスプレーします。

 

人毛ウィッグは、シャンプーまでは人工毛ウィッグと同じですが、その後、水にリンスを入れた中に2、3分浸します。リンス後はよくすすぎ、後は人工毛ウィッグと同じようにタオルドライして陰干しします。ウィッグの種類によってケア方法も違ってくるので、それぞれ説明書や注意事項をよく確認し、分からないことがあったら購入店に聞きましょう。

 

フルウィッグを長持ちさせるにはこうした日ごろのケアがとても大切になりますし、保管場所や保管方法にも気を付けなければいけません。基本的には直射日光の当たらない乾燥した場所で保管しましょう。直射日光は劣化の原因になり、湿気はフルウィッグのネット部分に雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。また、保管用の専用ネットに入れたり、フルウィッグがロングスタイルの場合は丸めたりしてしまうと跡がつく原因になるのでウィッグスタンドに乗せて保管しておきましょう。

 

フルウィッグを毎日清潔に保ち、気持ち良くおしゃれしたいですね。