フルウィッグ

 

フルウィッグのアレンジの仕方

フルウィッグはそのまま被っても、イメージチェンジになりますが、何度も使って髪型に少し飽きてきたら、アレンジするのもいいですね。人毛、人工毛どちらも切ったり巻いたり、三つ編みしたりと自由自在です。自分で切るのが怖い方は、美容院でウィッグカットをしてもらいましょう。前髪を変えるだけでも印象って全然違いますしね。

 

人工毛フルウィッグは耐熱ファイバーでできているものなら、コテで巻いたりストレートアイロンでさらさらストレートにしたりできます。コテで巻く時は、180度くらいをキープして巻きましょう。200度以上の高温で巻く必要はありませんし、傷んでしまいます。そして、耐熱ファイバーは高温から低温に冷めてくる時に形がつく性質を持っているので、巻いたら冷めるまで手の平の上で形をキープしましょう。完全に冷めてからカールをほぐしてあげると、きれいなウェーブの完成です。

 

他にもポニーテールにしたり、三つ編みしたり、色々なフルウィッグアレンジを研究してどんどん自分でやってみましょう。

 

フルウィッグをしばらく使っていると、どうしてもぺたんこになってしまい、つむじ部分が不自然に見えてしまいます。人間の髪の毛って、自然と生え際がふんわりしていますから、ここがぺたんこになっているとフルウィッグを被っているってバレやすくなってしまいます。つむじをふんわりさせるには、コームをあてて、擦るように動かします。すると毛が立ってくるので、最後に周りの毛と馴染ませてしまえば自然なつむじの完成です。